フルーティアの想い

美味しくて身体にも優しいお茶があったらいいな…。
それが、フルーティアを始める原点となった想いです。
「カフェインが含まれている紅茶やコーヒーは、刺激が強いため避けたいものの、カフェインのないハーブティーは、あまり美味しくなくて…」
という声をよく耳にしていた中、フルーツティーに出会いました。

フルーツティーは、ハーブ本来の身体への優しい作用を生かしながら、ドライフルーツを加えることで、どなたにでも飲みやすくブレンドされた飲み物です。
このフルーツティーこそが、『美味しい』『身体によい』という二つを同時に叶える、時代のニーズに合っている飲み物ではないか…。そう感じました。
そして、「このフルーツティーをぜひ日本に広めたい!」という想いで創業をしました。

目指したのは、フルーティア独自の『日本人好みの味わい』のオリジナルブレンドです。
多くの飲食店等のお取引先様にご協力をいただき、試行錯誤を重ねることで、皆様に愛されるブレンドが少しずつ出来上がっていきました。

そのかいあって、国産の素材を使い、茶葉も丸ごとお召し上がりいただける、『和の果実茶』を生み出すことができました。
また、昨年からはさらなる進化を遂げるため、自社農園でハーブやフルーツの栽培もスタートしました。
今後もアイテム数を増やし、微力ながら、日本の農業の発展に少しでもお役に立ちつつ、お一人でも多くの方にこのフルーツティーを味わっていただき、皆様の癒しの時間に貢献したい…それが、創業以来一貫して変わらぬ私の想いです。

ティーブレンダー 宮下奈保子

ハーブ関連専門会社に勤務後、2001年、フルーツティー専門店 有限会社フルーティアを立ち上げる。
独自のレシピによるフルーツティーは、有名シェフのレストランや、外食産業はじめ、多くのホテル、カフェ等で取り扱われている。
また、『サー・トーマスリプトン銀座』をはじめとし、『ハーブ・フルーツティーについて』『ブレンドレッスン』等をテーマとした講座の講師も務めている。