【コラム】夏の果物加工 第一弾はプルーン!

本当に暑かった夏も、ようやく終盤を迎え、信州も少しずつ秋の気配が感じられるようになりました。

 

この夏も、ベリーに始まり、桃やプルーンなど、ドライフルーツ向けの夏の果物たちが続々と入荷しました!

プルーンは、初めて収穫もお手伝いしましたよ~

 

夏の果物加工  第一弾は、プルーンの収穫から加工までの様子をご報告させていただきます!

 

プルーンの収穫

 

そもそも、輸入もののドライプルーンの印象が強いですが、実は日本では、長野県が生産量No1なんです!

 

フルーティアでは、近所の宮下さんのプルーンを使わせていただいています。

桃、りんご、プルーンを作られていて、私にも色々とアドバイスを下さる師匠のような存在の宮下さんは、なんと、御年82歳!

この時期は、収穫に忙しく、朝5時から夜中まで仕事をされているとか・・・

そんなことを聞いてしまったからには、何だか申し訳なくって、自ら収穫をさせていただくことになりました。

 

 

 

プルーンの収穫は、実はとても難しいらしいんです・・・・

表面についている白い『ブルーム』がとれてしまうと、商品価値がなくなってしまうため、指で落としてしまわないよう、そ~っと採らないといけないらしいんですが・・・・

どうせドライフルーツにするからと、気にせずガバガバ採っていた私。

私が収穫したものを見た宮下師匠からは、

『こんな汚いプルーン、見たことがない!!』とツッコミをいただいてしまいました・・・

そもそも、収穫はそれほど時間がかからなかったのですが、不安定な二輪車にいくつかのかごを一度に載せて、畑で押していたところ、見事に全てひっくり返すこと、なんと二回も!(笑)

それを拾う方が大変で大変で・・・・

そんなこんなで、幾度もの私の手によって、ブルームはすっかりととれてしまったのでした・・・・

 

 

プルーンの加工

 

 

翌日には加工。

洗浄後、カットして種を取り、大きさをそろえます。

そして、程よいやわらかさを残るように、じっくり2~3日かけて水分を飛ばしながら、乾燥させています。

 

栄養価が高いことでも知られているプルーンですが、個人的におススメなのはなんと言ってもその美味しさです!

濃厚な甘さがある一方で、バランスのよい酸味がほどよくあるお陰でくどくならず、後を引くような癖になる味わいをお楽しみいただけます。

 

 

 

ドライプルーン アイテム一覧

 

そんな手間隙かけて仕上がった、ドライプルーン。

フルーティアでは、こちらで販売しています!

無添加国産ドライフルーツ プルーン

無添加国産ドライフルーツ 信州産ミックス

 

是非この機会に、旬の味わいをご賞味頂けると嬉しいです!