【コラム】梅雨の収穫

今年は異常なまでもの長雨が続いておりますね。

長野市も例外ではなく、収穫期を迎えているプルーンや桃などの果物は、ひび割れや傷モノが多いようで、農家さんの嘆き声が聞こえてきます。

夏の煌々とした太陽が、本当に待ち遠しいです!

 

我がガーデンファームも、いよいよ収穫シーズン。

・・・が、先日の横浜での展示会などでバタバタしている間に、様子が一変してしまいました。。。。

 

ベリーの収穫は・・・

春先から収穫を楽しみにしていた、カシス、ブルーベリー、ラズベリーなどのベリー類。

(約1ヶ月前の様子はこちらをご覧ください・・・)

その前の週末までは、少しずつ熟し始めていたのを確認していたのですが、展示会終わった翌週末には・・・・

カシスやブルーベリーは、見事に全て鳥に食べられてしまいました・・・・

 

鳥よけネットをかけなければ・・・と思いつつも、ついつい後回しにしてしまっていたのがいけませんでした。

カシスは、この場所に移植する前はある程度収穫できていたのですが、残りひとつもないくらいきれいに完食してくれた鳥の凄さに笑うしかない状況です・・・

 

ラズベリーはかろうじて少しは収穫できそうなものの・・・・

すでに諦めモードの私は、集中して摘みとる気力がわかず、ひたすら摘んではそのまま食べるという、やる気のなさです・・・・

 

しかも、キウイ畑は雑草の海・・・・・・

わずか1週間でこの有様です。

(この草刈を夏の間 毎週続けるのかと思うと、気が遠くなります・・・・トホホ)

 

 

でも、唯一元気が出るモノ発見!

一年目のいちじくに、僅かながらも実がついていました~~

また鳥との戦いが始まりますが、今度は負けないぞ~~!!

 

 

自家製 杏(あんず)収穫!

怒涛のようにやることが押し寄せるガーデンファームには、ベリーの惨敗をクヨクヨしている暇はありません。

気がついたら、敷地内に自生している杏(あんず)がたわわに実っているではありませんか!

 

信州では、お隣の千曲市があんずの名産地で知られています。

とても痛みやすく、生ではあまり流通しないため、ドライのイメージが強いあんずですが、地元では、そのまま食べても美味しい品種がスーパーでも売っているんです。

毎年、気がついたら雨で全て地面に落ちてしまっているような、ほぼ放置のかわいそうな我が家のあんずですが、今年はちゃんと収穫しましたよ~~!

 

傷物は、夜な夜なジャムや、シロップ、杏酒にしたり。

来年までに食べきれるかしら・・・・

 

 

信州の果実茶 『あんず&もも』

 

信州産の果物のみで加工した、和の果実茶『あんず&もも』。

 

こちらの商品には、農家さんから仕入れたものを中心に加工し、使用しています。

 

ある日のあんずの加工風景です。

 

 

今年も美味しく仕上がっています。

信州の旬の味わいを是非ご賞味ください!