frutia フルーティア

フルーツティー専門店

お知らせ・コラム

手作りカモミールティーの作り方 その2 

2016年5月31日

春は『ジャスミン』に『カモミール』に・・・と、ハーブの花々が咲き誇り、一年で一番楽しい季節のはずなのに・・・
春前からの激務のため、気がついたら『ジャスミン』は何もできないまま終了・・・・

『手作りジャスミンティー』も、3年目の今年は『高級茶』に挑戦しようと思っていたのですが、それどころではなく、悲しく終わってしまいました。

(詳しくは、是非これまでの『手作りジャスミン茶の作り方』をご覧いただけると嬉しいです。)
ようやく仕事が一段落した先日、ひと時の休暇をとって、長野の田舎の家にカモミールを収穫に行ってきました!

今回は、昨年の『手作りカモミールの作り方』に引き続き、今年の収穫の様子と、カモミールの簡単アレンジティーをご紹介したいと思います!

 

【手作りカモミールティーの作り方 その2】

まずは、カモミールの基本的情報から。(昨年のコピペですが・・・・)

 

カモミールの効果

カモミールティーは、あまりにも様々な薬効があるということで、日本では輸入が禁止されてしまった時代があったほど。
リラックス効果、胃腸の調子を整える、肌の調子を整える、身体を温める、眼精疲労の回復、消炎作用、鎮痛作用、収斂作用、消化促進作用、利尿作用、抗アレルギー作用……等、様々な効能がある、素晴らしいハーブです。

ドイツでは、ちょっとした不調は、なんでもカモミールティーを飲んで直すくらいメジャーなハーブティーで、薬箱に常備していると言われています。

(詳しくは、ハーブひとくちメモ カモミール を是非ご覧ください!)

blog_camomile

image_camomilebatake

ワイルドカモミールの威力

そもそも、長野の家に生えているカモミールは、10年ほど前にどこかのハーブ園の道端に生えているのを、一株拝借してきたものが始まり。
今では15坪ほどのスペースにぎっしりと生えてしまうほどの量にまで増えてしまいました。

しかも、人が通る道や、花壇の中のラベンダーやチェリーセージなどの間にも割り込んで生えているので、結局のところ雑草と化しています(笑)

唯一の天敵はアブラムシですが、地植えする場合は、ほとんど気になりません。それほど、強くて簡単に増えるハーブです。
しかも、自然に生えているワイルドカモミールは、プランターなどで育てているカモミールと比べ、とにかく大きい!!

プランター栽培の場合は、アブラムシが若干気になることがありますが、地植えのワイルドカモミールは、ほとんど寄せ付けていませんでした。
きっと、香りも強く、抗酸化作用も高いのだと思われます。

【写真】ワイルドカモミール
image_camomilehikaku

【写真】プランターで生えているカモミールの大きさ
image_camomiletedumi

 

カモミールティーの収穫

夜間は花を閉じているので、日中しっかり開花した時にカモミールを摘みます。
昨年は、すべて採り切ることが出来なかったので、今年は気合十分だったのですが・・・

全てがカモミール・・・というエリアはごく少なく、大半は『スギナ』などが混在していて、採りにくいなんてものじゃなく、結局1~2花ごとに手摘みという状況で、時間がかかるかかる・・・・

ハサミを使ったり、手でやったりといろいろやってみたものの、一番早い方法は、指と指の間で花を持ち、引っこ抜くという方法。

いずれにせよ、この状態で収穫したカモミールを、もし販売するとしたら、一体いくらになるのだろう・・・。

収穫後は、ざるなどに並べて、天日干し。
天気の良い日でしたら、2~3日あれば乾燥できます。

結局全て採り切れず、それでもあれほど頑張ったのに、収穫高は、乾燥後のグラムで約200g。。。
日頃使用させていただいているカモミールの貴重さを改めて実感させていただきました。
いつの日か、自家製カモミールを販売できるようになるまで、頑張ります!

 

簡単アレンジ!カモミールティーのアレンジティー

そのままお茶として楽しむ場合の入れ方は、とっても簡単。

ティーカップ1杯に対して、茶さじ(大匙)軽く1杯が目安です。熱湯を注いで、最低でも5分くらいは蒸らしたいところですが、20分以上蒸らしてしまうと、苦みが出てしまうので、注意が必要です。

その場合でも、はちみつを加えていただければ、十分に美味しくお召し上がりいただけます。
カフェインもなく、お子様にも安心なカモミールは、夜寝る前に楽しんでいただくのがおすすめです。

4歳の娘も、この自家製カモミールティーが大好き!お腹が痛い時などは、はちみつたっぷりのカモミールティーをリクエストします。

 

【カモミールチャイ】

カモミールとミルクの相性はもちろんのこと、
(シンプルなミルクティーのアレンジはぜひこちらをご覧ください!)
カモミールは、シナモンなどのスパイスとも相性は抜群!

チャイ風にして、紅茶とスパイスと合わせるのはもちろんのこと、ベースの紅茶を、チョコレートやキャラメルのフレーバーティーにしてアレンジするのもオススメです。
是非甘味を加えて、午後の癒しのティータイムにお試しください!

image_camomilechai

最近の記事

記事カテゴリ

月別エントリー